外国人社長がまた辞任、崖っ縁の日本板硝子

こうした弱点を補おうと、吉川氏は就任と同時に、2人のピルキントン出身の取締役(現任)に代表執行役付きで補佐を要請した。ドイツ出身のクレメンス・ミラーCOO(53)と英国出身のマーク・ライオンズCFO(49)だ。吉川氏が長期の戦略を練る役目を担うものの、日常の意思決定は主に外国人2人が担う体制に移行。いわば、日欧連合の“3本の矢”で、リストラを断行し、難局を乗り切る執行体制を敷いた。吉川氏は「3人は仲良くやれる」と自信をのぞかせる。

「小が大をのむ」ピルキントン買収から6年。その間業績不振や相次ぐトップ交代など迷走が続き、一時700円近くあった株価も100円台前半まで低迷している。市場の酷評を打ち破り、グローバル企業として脱皮できるか。3本の矢の結束に懸かる。

写真:吉川新CEO(中央)と藤本会長(左)

日本板硝子の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(古庄英一 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2012年4月28日・5月5日合併特大号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。