アコーディア・ゴルフ専務が社長の”疑惑”を告発

決算発表を前に

 

ただ、会社によれば、特別コンプライアンス委員会は現在、調査を進行中で、早ければ月内にも調査結果を出すもようだ。にもかかわらず、秋本専務が今回の会見で告発したことについては、17日に公表した文書の中で「誠に遺憾」「適切な処置を講じてまいります」と対決姿勢を見せている。

連休明けの5月9日には、アコーディア・ゴルフは前2012年3月期の決算を発表。翌10日には竹生社長が出席しての決算説明会も予定されており、遅くとも、この頃までには特別コンプライアンス委員会による調査結果も公表されると見られる。

東洋経済では決算発表時に会社が公表する計画値、ならびに今回の案件についての調査結果等を見たうえで、今13年3月期予想を見直す予定だ。

(大滝 俊一 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT