焼き牛丼でバトル勃発、松屋と三光フーズの因縁

ただ、これがどの程度の有効打となるか。松屋の牛カルビ丼が並盛り1杯380円なのに対し、東京チカラめしの焼き牛丼は280円。店舗の内装費を業界平均の半値程度に切り詰めているほか、“焼き”メニューに特化し専用オーブンを導入することで、運営効率を上げ、低価格を可能としている。

松屋にとって、今回の新メニューは数ある商品の一つだが、東京チカラめしとの競合度合いはそれ以上だ。「ボリューム感を前面に出した東京チカラめしのメニューは男性客に特化しており、松屋に最も近い」(証券アナリスト)。

大量出店の目標を掲げる東京チカラめしは、他店と隣接する立地への出店もいとわず、怒濤の出店攻勢を仕掛けている。焼き牛丼バトルを皮切りに、両社の争いは今後ますます激化しそうだ。

松屋フーズの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


三光マーケティングフーズの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(本誌:松浦 大 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2012年4月14日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT