焼き牛丼でバトル勃発、松屋と三光フーズの因縁

焼き牛丼でバトル勃発、松屋と三光フーズの因縁

牛丼チェーン「松屋」を展開する松屋フーズは、4月5日から全国で新メニュー「牛カルビ丼」の販売を開始した。従来の牛丼より厚めに切ったバラ肉を1枚ずつ鉄板で焼き、専用のたれで味付けした。焼き肉ならではの「ガツンとした味による集客を期待する」(松屋)という。

焼き牛丼の先駆けとなったのは、大手居酒屋チェーン、三光マーケティングフーズが展開する「東京チカラめし」だ。同社は居酒屋市場の縮小が止まらない中、新たな成長を求め2011年6月に牛丼業界へ参入した。「肉は煮るより、焼いたほうがおいしい」(平林隆広専務)と、既存の牛丼とは違う食べ方を提唱。都内を中心に出店を続け、勢力を拡大している。

松屋には三光フーズとの因縁がある。牛丼業界進出に当たり、運営ノウハウのない三光フーズは「ヘッドハンターなどを使い、松屋の商品開発担当者を引き抜いた」(業界関係者)とされる。食材や厨房機器も、「ウチと同じものを使っている」と松屋の幹部は困惑ぎみに語る。

三光フーズの平林実社長は取引先の業者などに対し、「早期に1000店舗体制(3月末時点では57店舗)を確立する」と明言している。一方、松屋の店舗数は911店。「東京チカラめしのベンチマークは松屋」との見方も業界内にはある。松屋の牛カルビ丼販売は、何かと競ってくる同店への反撃と言える。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT