休眠預金の被災地支援活用に賛成ですか、反対ですか?--東洋経済1000人意識調査

休眠預金の被災地支援活用に賛成ですか、反対ですか?--東洋経済1000人意識調査

銀行などで10年以上預金の出し入れがない休眠口座は、毎年新たに800億~900億円発生している。政府はこの休眠預金を被災地支援などに活用しようと考えているが、銀行側は反対している。アンケートでは賛成派が過半数を占めた。

銀行などで10年以上預金の出し入れがない休眠口座は、毎年新たに800~900億円発生しています。政府はこの休眠預金を被災地支援などに活用しようと考えていますが、銀行側は反対しています。休眠預金の被災地支援活用に賛成ですか、反対ですか?


(編集部 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済2012年4月7日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。