日本IBMに久々の外国人社長就任、経営不振・賠償判決による橋本社長の引責は否定

--日本IBMが持つ課題とは

イェッター氏 世界の成熟市場の国々と日本の課題は、ほとんど変わらない。産業は発展し教育も行き渡っているが景気が悪い。私が4年間社長を務めたドイツも例外ではない。今後、天然資源の乏しい日本のような国で経済的成長を遂げるには、国境にとらわれずグローバルにイノベーションをする必要がある。

自動車業界を例にとると、トヨタ、ホンダ、BMWいずれのメーカーも加工や組み立て、サプライチェーンまでもグローバル規模で行い、アジアやアメリカなどさまざまな地域の人材を活用している。

米IBMはすでに10年前からグローバル化に取り組んできた。IBM自身がグローバルに人材を活用することで、顧客にもグローバル化した一流企業になる“旅路”を歩くお手伝いすることができるからだ。今後は日本IBMにもグローバル人材を積極的に投入していきたい。マーケットに必要な人材を投入することがビジネスを伸ばすポイントになる。

--日本IBMに米IBMの社長が就任することは自然な流れと考えて良いのか。

イェッター氏 自然な流れと考えて欲しい。たとえばドイツ銀行を見てもトップはドイツ人でない。米IBMは170カ国に展開しており、従業員の国籍は非常にカラフルだ。今後も人材活用をグローバルにやっていかないといけない。

--ドイツIBM社長時の功績は。

イェッター氏 ドイツIBMでは組織改革や事務所の統廃合、クラウド事業の強化や年金制度の刷新を行った。日本IBMでも顧客を第一に考えて価値を提供していきたい。チャレンジに立ち向かっていくことを楽しみにしている。
(島田知穂 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT