巨額買収が誤算の日本板硝子、東電並みの格付けに

印刷
A
A

ところが、ピルキントン買収が裏目に出ている。ピルキントンが地盤とする欧州の不振が業績の足を引っ張っているだけでなく、買収時に膨らんだ約3800億円に上る有利子負債(11年末時点)の金利負担、のれんと無形固定資産の償却費といった買収に伴うコストが重くのしかかる。

こうした苦境に直面し、日本板硝子は2月、買収後2度目となる大規模なリストラを発表した。グループ従業員の約1割に当たる3500人の人員削減や製造設備の停止などを来期にかけて実施。年間約200億円の経費削減で、13年3月期の大幅な利益改善を見込む。また5月上旬の決算発表時に、利益成長を実現するための施策の詳細を示す予定だ。

ただムーディーズは、欧州の販売不振は深刻で、来期も利益低迷が続くと見る。どれだけ改善を図れるか。グローバル企業として戦っていくための正念場を迎えている。

日本板硝子の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(古庄英一 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2012年3月24日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT