2022--これから10年、活躍できる人の条件 神田昌典著

2022--これから10年、活躍できる人の条件 神田昌典著

経営コンサルタントの著者は、時代のサイクルは70年周期で盛衰を繰り返すという説を取りながら、日本の近現代史を分析する。明治維新から約70年後に第2次世界大戦が終わりどん底に落ちたように、次は2015年ぐらいが日本の底だという。

そこからイノベーションを起こした日本は再び復活を遂げる。その際にキーポイントとなるのが、日本をリーダーとした東アジアの儒教経済圏だという。その復活の日までに、人々はどう行動すればいいのか、世代ごとに10歳刻みでアドバイスする。

ほかにも、「iPhoneは2016年に製造中止」、「2024年に会社はなくなる!?」など、衝撃的な予言が数多く提示されている。

PHPビジネス新書 882円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT