2022--これから10年、活躍できる人の条件 神田昌典著

2022--これから10年、活躍できる人の条件 神田昌典著

経営コンサルタントの著者は、時代のサイクルは70年周期で盛衰を繰り返すという説を取りながら、日本の近現代史を分析する。明治維新から約70年後に第2次世界大戦が終わりどん底に落ちたように、次は2015年ぐらいが日本の底だという。

そこからイノベーションを起こした日本は再び復活を遂げる。その際にキーポイントとなるのが、日本をリーダーとした東アジアの儒教経済圏だという。その復活の日までに、人々はどう行動すればいいのか、世代ごとに10歳刻みでアドバイスする。

ほかにも、「iPhoneは2016年に製造中止」、「2024年に会社はなくなる!?」など、衝撃的な予言が数多く提示されている。

PHPビジネス新書 882円

  

関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。