百花繚乱、スタートアップ企業の新サービス《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命 第6回》

O2O(オンライン・ツー・オフライン)ビジネスは、大手ネット企業だけのものではない。世界中のスタートアップ企業から、新しいO2Oサービスが次々に生まれている。

「スタートアップ」企業とは、起業したばかりの企業を指す言葉。ジャパンベンチャーリサーチ社によると、2011年は、2000年以来のIT系ベンチャーのスタートアップがブームとなったという。

12年1月23日、東京大学空間情報科学研究センターで、位置情報のコンファレンスである「ジオメディアサミット」が開催された(写真)。第8回を迎える今回は、O2Oがテーマとなった。

コンファレンスは、08年から始まり、「オープン」「中立」「交流重視」というモットーを掲げる。会場への参加者は、第1回の40名から、9倍の360名にまでに膨らんだ。

ジオメディアサミット代表の関治之氏は、次のように話す。「サミットを通じて、さまざまな企業がコラボレーションすることで、人々の実際の生活を豊かにし、世界を変えるようなサービスが生まれることを期待します」。
 そのテーマが今回はO2Oというわけだ。

会場には10社以上のスタートアップ企業が、自社のサービスをアピールするために集結した。

誕生日パーティをセッティングしてくれるサービスや、料理の写真をワンタッチでおいしそうに加工し投稿・共有できるサービス、位置情報に関するプライバシーの情報開示をコントロールする技術など多岐に渡る興味深いものが多かった。

スタートアップ企業の動きに大企業も興味を示し、カルチュア・コンビニエンス・クラブや東京急行電鉄、リクルート、凸版印刷なども自社のO2Oビジネスの取り組みを発表した。

なぜ、世界的に不況が続く中、スタートアップ企業による新しいサービスが次々と生まれるのか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT