大塚製薬が新薬で大型提携、特許切れ克服へ一手

大塚製薬が新薬で大型提携、特許切れ克服へ一手

大塚ホールディングスの医薬品子会社である大塚製薬は11月11日、デンマークの大手製薬企業ルンドベックと、統合失調症など中枢神経領域における世界規模での新薬開発・商業化で提携契約にこぎ着けた。

現在、大塚では、年間売上高4000億円規模に達している抗精神病薬エビリファイが稼ぎ頭。だが、2015年4月に最大市場の米国で特許が切れる。それだけに、特許失効前に有力企業との提携を実現したことは朗報だ。

日本ではあまり知られていないが、ルンドベックは抗うつ・抗不安薬で世界シェア首位の企業。世界売上高約40億ドルの抗うつ薬レクサプロなどを擁し、欧州や南米に強固な販売網を持つ。

同社と大塚は、エビリファイの改良製剤(1カ月に1回投与の持効性注射剤)およびエビリファイ後継薬の開発・共同販売で提携契約を締結。開発費用や売り上げは両社で分け合う。一方で大塚は今後、ルンドベックから最大約18億ドルを契約一時金や売上達成金などの形で受け取る。

ここ数年、日本企業は欧米企業の買収や新薬候補品の導入に大金を支出。その反面で10億ドルを超える収益を手に入れるケースはまれだ。大塚は提携を通じて新薬の開発や販売体制構築を加速。大手製薬各社が直面している「パテントクリフ」(特許切れと後発医薬品参入による売り上げ激減)の克服を目指す。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。