金価格の高騰にめげない田中貴金属の節約力

拡大
縮小
金価格の高騰にめげない田中貴金属の節約力

東京・銀座の一角に、黄金色の店内がひときわ目立つ店舗がある。田中貴金属ジュエリー直営店の「GINZA TANAKA」。明治25年開業の老舗宝飾店にとって、今年は例年にないほど多くの客でにぎわった年になった。

10年前の約5倍にまで金価格が高騰し、夏場は保有する金を売却に来る人が殺到。加えて、株や債券に代わる安全資産としての金の人気も根強く、「高値だが買いに来た人も多かった」(田中貴金属ジュエリーの水木直人執行役員)。店頭のにぎわいはメディアでも頻繁に報じられ、貴金属商の「TANAKA」ブランドは、国内に幅広く浸透している。

しかし金、銀、プラチナなど貴金属価格の高騰は、田中貴金属ジュエリーの経営にとって、決して喜ばしい状況とはいえない。原価上昇となる反面、そのまま宝飾品価格に上積みできるわけではないからだ。「価格が上がったから、儲かっているだろうといわれるが、必ずしもそうではない」(水木氏)。

さらに、田中貴金属グループ全体を見渡しても、貴金属価格高は逆風でしかない。全事業領域のうち、売り上げの約7割を占めるのは、電子部品の材料などの工業製品だからだ。田中貴金属グループは貴金属商というより、むしろ素材加工業者としての側面が強いのである。


関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT