ホンダジェットの米国納入時期、「夏の終わり」が目標

藤野道格社長が明らかに

[サンパウロ 10日 ロイター] - ホンダ<7267.T>の米子会社ホンダエアクラフトカンパニーの藤野道格社長は10日、4人乗りのビジネス機「ホンダジェット」の米国での納入開始について、米連邦航空局(FAA)からの最終認証次第だが、引き続き「夏の終わり」を目指すと明らかにした。

ブラジルでの納入は2017年に開始すると発表した。

藤野社長は、航空機に関わる認証プロセスは非常に複雑であり、同社にとって大きな課題だと語った。

現在、約20機が組み立ての最終段階にあり、FAAから最終認証を受け次第、ノースカロナイナ州の工場から毎週1機ずつ納入することを目指していると明らかにした。

ホンダは約10年前にビジネス機市場への参入を発表。セスナ機などを製造する米テクストロン<TXT.N>、ブラジルの航空機メーカー、エンブラエル<EMBR3.SA>などと競合する。

*内容を追加します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT