ホンダジェットの米国納入時期、「夏の終わり」が目標

藤野道格社長が明らかに

[サンパウロ 10日 ロイター] - ホンダ<7267.T>の米子会社ホンダエアクラフトカンパニーの藤野道格社長は10日、4人乗りのビジネス機「ホンダジェット」の米国での納入開始について、米連邦航空局(FAA)からの最終認証次第だが、引き続き「夏の終わり」を目指すと明らかにした。

ブラジルでの納入は2017年に開始すると発表した。

藤野社長は、航空機に関わる認証プロセスは非常に複雑であり、同社にとって大きな課題だと語った。

現在、約20機が組み立ての最終段階にあり、FAAから最終認証を受け次第、ノースカロナイナ州の工場から毎週1機ずつ納入することを目指していると明らかにした。

ホンダは約10年前にビジネス機市場への参入を発表。セスナ機などを製造する米テクストロン<TXT.N>、ブラジルの航空機メーカー、エンブラエル<EMBR3.SA>などと競合する。

*内容を追加します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。