新・現代思想講義 ナショナリズムは悪なのか 萱野稔人著

拡大
縮小
新・現代思想講義 ナショナリズムは悪なのか 萱野稔人著

1990年代から広がった、日本の人文思想界における反ナショナリズム。グローバリゼーションが進めば、いずれ国民国家は解体、消滅していくだろうとさえいわれていた。それは事実、日本固有の規制や既得権益を撤廃させることなどで一定のリアリティを獲得していった。

ところが、それから20年以上経ったにもかかわらず、国民国家は解体する気配はない。それどころか、若者の右傾化やテロリズムの横行など、ナショナリズムは過激化しているように見える。

気鋭の哲学者である著者が、さまざまな参考文献を手掛かりに分析。ナショナリズム批判のフレームを格差批判との両立を含めて根本的に問い直す。

NHK出版新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT