新・現代思想講義 ナショナリズムは悪なのか 萱野稔人著

新・現代思想講義 ナショナリズムは悪なのか 萱野稔人著

1990年代から広がった、日本の人文思想界における反ナショナリズム。グローバリゼーションが進めば、いずれ国民国家は解体、消滅していくだろうとさえいわれていた。それは事実、日本固有の規制や既得権益を撤廃させることなどで一定のリアリティを獲得していった。

ところが、それから20年以上経ったにもかかわらず、国民国家は解体する気配はない。それどころか、若者の右傾化やテロリズムの横行など、ナショナリズムは過激化しているように見える。

気鋭の哲学者である著者が、さまざまな参考文献を手掛かりに分析。ナショナリズム批判のフレームを格差批判との両立を含めて根本的に問い直す。

NHK出版新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
クスリの大罪<br>製薬会社、医師、薬局…癒着の構図

薬の処方はどうやって決まるのか。「病状」だけだと思ったら大間違いだ。製薬マネーを介した癒着の構図を明らかにし、学会有力者への謝礼金リストを初公開。ムダな薬による深刻な健康被害にも言及。その薬、本当に必要ですか?