新・現代思想講義 ナショナリズムは悪なのか 萱野稔人著

新・現代思想講義 ナショナリズムは悪なのか 萱野稔人著

1990年代から広がった、日本の人文思想界における反ナショナリズム。グローバリゼーションが進めば、いずれ国民国家は解体、消滅していくだろうとさえいわれていた。それは事実、日本固有の規制や既得権益を撤廃させることなどで一定のリアリティを獲得していった。

ところが、それから20年以上経ったにもかかわらず、国民国家は解体する気配はない。それどころか、若者の右傾化やテロリズムの横行など、ナショナリズムは過激化しているように見える。

気鋭の哲学者である著者が、さまざまな参考文献を手掛かりに分析。ナショナリズム批判のフレームを格差批判との両立を含めて根本的に問い直す。

NHK出版新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。