新・現代思想講義 ナショナリズムは悪なのか 萱野稔人著

新・現代思想講義 ナショナリズムは悪なのか 萱野稔人著

1990年代から広がった、日本の人文思想界における反ナショナリズム。グローバリゼーションが進めば、いずれ国民国家は解体、消滅していくだろうとさえいわれていた。それは事実、日本固有の規制や既得権益を撤廃させることなどで一定のリアリティを獲得していった。

ところが、それから20年以上経ったにもかかわらず、国民国家は解体する気配はない。それどころか、若者の右傾化やテロリズムの横行など、ナショナリズムは過激化しているように見える。

気鋭の哲学者である著者が、さまざまな参考文献を手掛かりに分析。ナショナリズム批判のフレームを格差批判との両立を含めて根本的に問い直す。

NHK出版新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT