福島 嘘と真実 高田純著

福島 嘘と真実 高田純著

札幌医科大学教授である著者は4月上旬、福島を中心に東北各地の放射線量と住民の被曝状況を調査した。そして、福島第一原発に近い浪江町からの避難者40人の平均甲状腺線量は、チェルノブイリ被災者の1000分の1以下であり、甲状腺がんのリスクはないと明言している。自らも原発正門前などを普段着で調査して回ったが、福島3日間の積算被曝量は0・1ミリシーベルトにすぎなかった。

世界の核被災地を調査した実績から、チェルノブイリと福島の汚染度には決定的な差があるという。不安を増幅させるばかりの学説や報道があふれる中、放射線防護学の専門家としての落ち着いた筆致には説得力がある。被曝線量を6段階に分けて危険度を説明する手法は明快で、広く利用されてしかるべきだ。一方で、安定ヨウ素を配給せず、甲状腺検査も行わず、家畜の避難を怠り、放出放射能の算定過程を示す報告書すら公開しない政府への非難は鋭い。見逃せない一冊。(純)

医療科学社 1260円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。