暴力団 溝口敦著

暴力団 溝口敦著

現代の暴力団、いわゆる“ヤクザ”の実態を、ノンフィクションライターが暴いた。暴力団の組織構造から、シノギ(収入源)、出世の仕方、恐喝の手口、若手のリクルート方法、芸能人との関係、暴力団に脅された際の対処法まで、多岐にわたって書かれている。組員に対するアンケート調査では、なぜ暴力団の組員になったのか、暴力団に入って得したこと・損したことなどの統計結果を紹介するなど、レアでリアルな情報も多い。

山口組系トップの組長が、出所して地元に帰る際、新幹線の一車両の座席指定をすべて買い取ったとか、入れ墨の針からの感染でヤクザにはC型肝炎が蔓延しているなど、まことしやかに伝えられるエピソードも収録している。

新潮新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT