暴力団 溝口敦著

暴力団 溝口敦著

現代の暴力団、いわゆる“ヤクザ”の実態を、ノンフィクションライターが暴いた。暴力団の組織構造から、シノギ(収入源)、出世の仕方、恐喝の手口、若手のリクルート方法、芸能人との関係、暴力団に脅された際の対処法まで、多岐にわたって書かれている。組員に対するアンケート調査では、なぜ暴力団の組員になったのか、暴力団に入って得したこと・損したことなどの統計結果を紹介するなど、レアでリアルな情報も多い。

山口組系トップの組長が、出所して地元に帰る際、新幹線の一車両の座席指定をすべて買い取ったとか、入れ墨の針からの感染でヤクザにはC型肝炎が蔓延しているなど、まことしやかに伝えられるエピソードも収録している。

新潮新書 735円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。