【中国版】サブプライム・ローンの恐怖 石平著

【中国版】サブプライム・ローンの恐怖 石平著

中国では政治的発言は政府から圧力を受けるが、経済問題については、中国人経済学者は自由に分析し、公表できると著者はいう。

経済専門紙の21世紀経済報道によると、2011年6月現在、北京市内で売れ残りの不動産在庫面積は3300万m2以上に達し、時価では約1兆元(約12兆円)に上っている。平均的な販売率からすると、この在庫を消化するには1年半以上かかる。深セン、広州、上海も順に9カ月、8カ月、7カ月分の在庫がある。社会科学院工業経済研究所の曹建海研究員が、「12年に北京の不動産価格は5割暴落するだろう」と発言したのも根拠のないことではない。

中国が内包する、経済の懸念される実情を直視する。

幻冬舎新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。