キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー --アメコミとスーパーヒーローと日本化《宿輪純一のシネマ経済学》

日本ではややマイナーだが、伝説のアメコミ(アメリカンコミックス)のスーパーヒーローを実写化したアクション大作。やせた青年が、軍の秘密実験で超人兵器「キャプテン・アメリカ」となり、国の名を背負い、祖国のために身体を張って敵に立ち向かっていくさまを描く。
 
 第2次世界大戦中の1942年、スティーブ(クリス・エヴァンス)は、各地に進攻するドイツのヒドラ党と戦うことを望んでいた。もともと病弱な彼は入隊を何度も却下されていたが、ある日、軍が秘密裏に行う「スーパーソルジャー計画」という実験に参加することになる。その実験の被験者第1号に選ばれた彼は、強靭な肉体を持つ「キャプテン・アメリカ」へと変貌を遂げる。
 
 キャプテン・アメリカの宿敵、レッド・スカル(赤いドクロ)との壮絶なバトルが繰り広げられる。ストーリーや設定にはお約束どおり突っ込みどころが満載である。軍の上官役として名優トミー・リー・ジョーンズが出演する。



Jay Maidment ©2010 MVLFFLLC. TM & ©2010 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved.


 実は、筆者はアメコミが好きだ。アメコミは2つの出版社から出されているといっても過言ではない。DCコミックとマーベル・コミックである。日本ではマーベルのほうが名が通っているかもしれない。

それぞれの代表作を記すと、DCでは、スーパーマン、バットマンといった大物のほかにも、ワンダーウーマンなどがある。マーベルではキャプテン・アメリカ、超人ハルク、X−MEN、スパイダーマン、ファンタスティック・フォー、ゴーストライダー、アイアンマン、マイティ・ソーなどがある。マーベルのキャラクターは、ご存知のように、最近、映画化が進んでいるが、2009年にディズニーに買収されてさらに加速することとなった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT