キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー --アメコミとスーパーヒーローと日本化《宿輪純一のシネマ経済学》

日本ではややマイナーだが、伝説のアメコミ(アメリカンコミックス)のスーパーヒーローを実写化したアクション大作。やせた青年が、軍の秘密実験で超人兵器「キャプテン・アメリカ」となり、国の名を背負い、祖国のために身体を張って敵に立ち向かっていくさまを描く。
 
 第2次世界大戦中の1942年、スティーブ(クリス・エヴァンス)は、各地に進攻するドイツのヒドラ党と戦うことを望んでいた。もともと病弱な彼は入隊を何度も却下されていたが、ある日、軍が秘密裏に行う「スーパーソルジャー計画」という実験に参加することになる。その実験の被験者第1号に選ばれた彼は、強靭な肉体を持つ「キャプテン・アメリカ」へと変貌を遂げる。
 
 キャプテン・アメリカの宿敵、レッド・スカル(赤いドクロ)との壮絶なバトルが繰り広げられる。ストーリーや設定にはお約束どおり突っ込みどころが満載である。軍の上官役として名優トミー・リー・ジョーンズが出演する。



Jay Maidment ©2010 MVLFFLLC. TM & ©2010 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved.


 実は、筆者はアメコミが好きだ。アメコミは2つの出版社から出されているといっても過言ではない。DCコミックとマーベル・コミックである。日本ではマーベルのほうが名が通っているかもしれない。

それぞれの代表作を記すと、DCでは、スーパーマン、バットマンといった大物のほかにも、ワンダーウーマンなどがある。マーベルではキャプテン・アメリカ、超人ハルク、X−MEN、スパイダーマン、ファンタスティック・フォー、ゴーストライダー、アイアンマン、マイティ・ソーなどがある。マーベルのキャラクターは、ご存知のように、最近、映画化が進んでいるが、2009年にディズニーに買収されてさらに加速することとなった。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。