プジョー、上期は4年ぶりに最終黒字転換

中期目標を前倒しで達成

 7月29日、仏自動車メーカーのPSAプジョー・シトロエンが発表した上期(2015年1─6月)決算は、最終損益が4年ぶりに黒字転換した。ポワシーで4月撮影(2015年 ロイター/Benoit Tessier)

[パリ 29日 ロイター] - 仏自動車メーカーのPSAプジョー・シトロエン<PEUP.PA>が発表した上期(2015年1─6月)決算は、最終損益が4年ぶりに黒字転換した。業績回復目標の大半を前倒しで達成した。ただ、下期の状況は厳しいとの認識を示した。

上期の純損益は5億7100万ユーロ(6億3100万ドル)の黒字。前年同期(1億1400万ユーロの赤字)から黒字転換した。

売上高は6.9%増の289億ユーロ。

中核の自動車製造部門の利益が9億7500万ユーロに増加し、部門利益率は5%とここ10年あまりで最高となった。

営業純現金収支(フリーキャッシュフロー)は約60%増加し27億9200万ユーロ。

上期決算で、2018年までの達成を目指す中期回復目標である自動車部門の利益率2%、累積キャッシュフロー20億ユーロを達成した。ただ目標自体は堅持した。

ジャンバティスト・ドシャティオン最高財務責任者(CFO)は会見で、10億8000万ユーロの営業利益の約3分の1は、ユーロ安、原材料費用の低下、その他季節的なプラス要因に起因すると説明。中国の需要減退などを挙げて、今後、事業環境は厳しくなるとの見方を示した。同社は、中国自動車市場について、年間成長率が3%にとどまると予想している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT