米当局、AT&TのディレクTV買収を承認

485億ドルの代買収劇が成立

7月24日、米当局は、AT&Tが米衛星テレビ放送ディレクTVを485億ドルで買収する計画を、条件付きで承認。写真は2014年10月、ニューヨークで撮影(2015年 ロイター/Shannon Stapleton)

[ワシントン 24日 ロイター] - 米連邦通信委員会(FCC)は、米通信大手AT&Tが米衛星テレビ放送大手ディレクTVを485億ドルで買収する計画について、条件付きでこれを承認した。AT&Tが24日、承認通知を受けたもので、昨年5月の計画発表以降、1年以上を経て米国最大の有料テレビ会社誕生への道が開かれることになる。

買収の条件としては、ブロードバンドサービスの拡大や競合他社コンテンツに対する不公平な取り扱いの回避などが柱となっている。具体的には、固定ブロードバンド接続のデータ上限の計算対象から傘下のビデオサービスを排除しないことや、トラフィックエクスチェンジに関するすべての契約をFCCと共有すること、1250万人の顧客が居住する地域に高速インターネット網を構築することなどが含まれる。

買収計画をめぐっては、米司法省が21日、計画は競争面で重大なリスクをもたらすものではないとの見解を発表している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。