米ブリストル・マイヤーズ、新薬の積極投入で「日本で上位20位入り目指す」

米ブリストル・マイヤーズ、新薬の積極投入で「日本で上位20位入り目指す」

米大手製薬ブリストル・マイヤーズ・スクイブ(BMS)のランベルト・アンドレオッティ最高経営責任者(CEO)は9月26日、東京都内での記者会見で、日本市場に新薬を積極的に投入していく方針を明らかにした。
 
 同氏によれば、新しい作用メカニズムの抗凝固薬アピキサバンのほか、糖尿病薬サクサグリプチン、肝細胞がん治療薬ブリバニブ、C型肝炎治療薬などを今後、数年内に日本市場に投入。合わせて150人以上のMR(医薬情報担当者)を新たに採用する。新薬投入により「2015年までに日本市場で上位20社入りをめざす」(アンドレオッティCEO)としている。

BMS社では全売上高の3分の1以上を占める抗血栓症薬プラビックスの米国特許が2012年に失効する。そのため、新薬開発とともに米国以外の市場開拓が急務になっている。同社では高齢者人口が増え続ける日本を「成長が期待できる市場」(アンドレオッティ氏)と位置づけ、米欧で発売された新薬の投入を急ぐ。
 
 9月21日には小野薬品工業と抗リウマチ薬オレンシアに関して日本での共同開発・販売面での提携契約を締結した。

※写真 初めて来日したランベルト・アンドレオッティCEO

(岡田 広行 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。