就活は子どもに任せるな 鈴木健介著

就活は子どもに任せるな 鈴木健介著

就職難といわれるが、企業は人を求めていないわけではない。むしろ不況であればあるほど企業は人を求めると、経営コンサルタントである著者は言う。就職難の原因は「企業が求めている人」と「求職活動をする人」の質に違いがあるからだと指摘する。

低迷する経済の中で企業が生き残っていくために必要とされる新規採用者には、ことさら「質」が求められる。この質を高める意識づけとなるのは将来への目標や職業意識であり、とにかく大学に入ればいいという考えは時代遅れ。親の時代との違いを説きながら、就職に直面している人への短期戦略と、時間的にゆとりがあって将来目標に挑戦できる人たちに対する長期戦略を、採用側の目線で伝授する。

中公新書ラクレ 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。