就活は子どもに任せるな 鈴木健介著

就活は子どもに任せるな 鈴木健介著

就職難といわれるが、企業は人を求めていないわけではない。むしろ不況であればあるほど企業は人を求めると、経営コンサルタントである著者は言う。就職難の原因は「企業が求めている人」と「求職活動をする人」の質に違いがあるからだと指摘する。

低迷する経済の中で企業が生き残っていくために必要とされる新規採用者には、ことさら「質」が求められる。この質を高める意識づけとなるのは将来への目標や職業意識であり、とにかく大学に入ればいいという考えは時代遅れ。親の時代との違いを説きながら、就職に直面している人への短期戦略と、時間的にゆとりがあって将来目標に挑戦できる人たちに対する長期戦略を、採用側の目線で伝授する。

中公新書ラクレ 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。