「若者はかわいそう論」のウソ 海老原嗣生著


日本社会が抱える構造的問題は、円高のように日本一国の政策では抗しがたいものもある。少子高齢化に歯止めをかけるのも難しい。

しかしゆとり教育、無試験入試、大学の増設のように、意図的に行われたものもある。ゆとり教育や無試験入試の背景はまだ理解できる。わからないのは極端な大学増設だ。望めば誰でも大学生になれる社会は異常だ。日本は人的資本を劣化させ、雇用のミスマッチを生じさせているのだと思う。

問題を解決するための具体的な施策にも本書は踏み込んでいる。まず25年期限の外国人労働者受け入れ、次に職域や地域限定の「新型正社員」、そして大学を「補習の府」にし、「公的派遣」という新スキームを作ること。

これらの施策に興味を持つ人は本書を読んでもらいたい。いずれも説得力がある。たぶん効用は大きいだろう。

外国人労働者を毎年10万人受け入れるという施策については反対の人も多いだろう。しかし今何とかなっているから明日も何とかなるはずはない。著者は触れていないが、高齢者介護によって多くの労働力がこれから必要になる。

筆者は東日本大震災の被災者を見て、あらためて高齢化を実感した。しかしよく考えてみるとまだ高齢化の入り口に立っているだけだ。総務省発表の10年9月15日の65歳以上の推計人口は2944万人。しかし14年には団塊の世代(664万人)が65歳以上に達するから、3500万人を超えてしまう。

そして団塊の世代は2024年に後期高齢者年齢になる。かなり多くの人が要介護になるだろう。そして労働力は医療、介護に奪われて足りなくなる。こういう社会が十数年後にやってくる。そんな将来への備えを固めなくてはならないと思う。海老原氏の外国人労働者受け入れは25年の期間限定としているが、移民としての受け入れも視野に入れる
べきかもしれない。

(HRプロ嘱託研究員:佃光博=東洋経済HRオンライン)

扶桑社新書 798円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT