有料会員限定

日本に訪れる「第2のルイスの転換点」を生かせ 女性と高齢者の労働力動員型の成長は限界に

✎ 1〜 ✎ 458 ✎ 459 ✎ 460 ✎ 最新
拡大
縮小
右に転進することを現すアブストラクト
(写真:サイクロン/PIXTA)

経済発展を始めた国は、当初は生産性の低い農村の余剰労働力が生産性の高い都市の工業部門に移動することによって経済が成長する。日本の高度成長期がこの時期に当たる。

しかし、余剰労働力が枯渇すると、このメカニズムが機能しなくなり、低賃金に依存した発展は転換を迫られる。これがルイスの転換点である。日本は1970年代にこの転換点を迎えたと思われる。

第2のルイスの転換点

今や日本は第2のルイスの転換点を迎えようとしている。これまで人手不足を補うのに女性や高齢者の労働力率を引き上げてきたのだが、それが限界に達しつつあるからだ。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内