ソニー、社長直轄で「事業創出」を加速へ 

専用サイトでアイデアを公開

 7月1日、ソニーは新規事業創出の取り組みを加速すると発表した。専用のウェブサイトを立ち上げて、事業化の初期段階でアイデアを公開し、市場ニーズの検証やテストマーケティングを実施する。電子商取引(EC)で実際の商品販売も行う。都内で2月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 1日 ロイター] - ソニー<6758.T>は1日、新規事業創出の取り組みを加速すると発表した。専用のウェブサイトを立ち上げて、事業化の初期段階でアイデアを公開し、市場ニーズの検証やテストマーケティングを実施する。電子商取引(EC)で実際の商品販売も行う。

専用サイトは 「ファースト・フライト」の名称で1日付で開設。「ティザー」と呼ぶ手法で新事業のアイデアを断片公開するとともに、クラウドファンディングを通じて資金を集め、テストマーケティングを行う。さらに「Yahoo!ショッピング」の決済システムで実際に商品を販売する。

1日から、電子ブロック玩具「MESH(メッシュ)」(5980円)の販売を始め、電子ペーパー時計「FESウォッチ」(2万9700円)の予約販売を開始した。また、電子ペーパー画面で家電操作ができるリモコン「HUIS(ハウス)」のテストマーケティングを始めた。いずれも、平井一夫社長直轄の新規事業創出の一環で生まれた製品。

社長直轄の新規事業創出の取り組みは2014年4月に専門組織を設置。すでにソニ―不動産(東京都中央区)が昨年8月から営業開始したほか、昨年12月にはスマートロックを手掛ける合弁会社「Qrio(キュリオ・東京都港区)」を設立した。

この新規事業創出は、「シード・アクセラレーション・プログラム(SAP)」と呼ぶ枠組みで3カ月に1回の頻度で社内オーディションを開催し、新しいアイデアを募っている。14年度は3回開催し、述べ2000人の参加で400件の応募があった。 

(村井令二)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。