有料会員限定

共和党支持者も「大きな政府」を求める新潮流 トランプ現象で変わる共和党支持者の意識

✎ 1〜 ✎ 291 ✎ 292 ✎ 293 ✎ 294
拡大
縮小
「アメリカン・コンパス」のサイトより
「アメリカン・コンパス」などが行った世論調査の結果は同サイトで見ることができる(画像:American Compass)
「大きな政府」対「小さな政府」という米政治の保守・革新の対立構図が、意味を成さなくなってきた。「大きな政府」に期待する白人労働者階級が、「小さな政府」を求めてきた政党である共和党支持に転じている。さらに「大きな政府」を求める中南米系や黒人にも共和党支持が増え出しているからだ。

保守系シンクタンク「アメリカン・コンパス」が英国系大手世論調査会社YouGovと共同で行った世論調査結果が、こうした傾向を如実に示し、注目されている。トランプ現象で共和党支持層の意識が変わり出し、従来の保守政治の旗印だった「小さな政府」が放棄されるようになっている。他方で民主党支持者に金持ちで「財政保守」(=「小さな政府」支持)が増える傾向がのぞくという。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内