有料会員限定

米連邦議会選挙で「決められない政治」は変わるか 中道派議員の退出で各党の党派性が強まる

✎ 1〜 ✎ 290 ✎ 291 ✎ 292 ✎ 293
拡大
縮小
共和党のロムニー上院議員
トランプ前大統領と対立していた共和党のロムニー上院議員はじめ、再選を目指さない中道派議員が多い(写真:Getty Images)

米国では、大統領選挙の投開票が行われる11月5日に、連邦議会も改選となる。まずは多数派の行方に注目が集まるが、選挙後の政策運営を占ううえでは、各党の議員の構成がどうなるかも見逃せない。再選を目指さない議員の投票行動を分析すると、選挙後の議会では、現在よりも各党の党派色が強まりそうだ。

中道派退出で党派性強まる

今回の選挙では、米国議会の歴史の中でも、多くの議員が入れ替わりそうだ。州知事などへの転身を目指したり、政界から引退したりするなど、再選を目指さない議員が多いからだ。

2年ごとに行われる連邦議会選挙では、定員が435議席である下院の全議席と、同じく100議席である上院の3分の1が改選される。米政治サイトの「バロットペディア」によれば、2024年3月31日時点で、上院では8人、下院では42人の議員が再選を目指さない意向を明らかにしていた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内