有料会員限定

エネルギー業界の「ダボス会議」で出た3つの論点 AI普及で世界のエネルギー需要が爆増する懸念

✎ 1〜 ✎ 310 ✎ 311 ✎ 312 ✎ 最新
拡大
縮小

エネルギー版ダボス会議では石油需要の強さやLNGの必要性、AI普及の影響が話された。

CERAWeekでは性急な脱化石燃料推進にエネルギー業界幹部から反対意見が相次いだ(写真:Tamir Kalifa/The New York Times)

3月、米ヒューストンで「CERAWeek (セラウィーク)2024」が開催された。世界のエネルギー関係者が一堂に会する恒例イベントで「エネルギー版ダボス会議」とも呼ばれる。業界の論点を探るうえで欠かせない会議でもある。

最初の論点は石油需要の行方だ。

会合のテーマは「多面的なエネルギー転換:市場、気候、テクノロジー、そして地政学」。経済成長、安全保障、安価なエネルギーへのアクセスなどで立場の異なる各国が、いかに脱炭素に向けて転換を推進するかは、昨年の国連環境会議での「化石燃料からの脱却」合意を受けたものでもある。

石油需要のピークアウトはまだ見えない

しかしテーマとは裏腹に、登壇者の多くは、石油需要は今後も増加し続け、世界経済の脱炭素目標達成は容易ではないと指摘した。世界最大の産油企業サウジアラムコ社のトップ、アミン・ナセル氏は「石油とガスを段階的に廃止するという幻想は捨てるべきだ」と言い切った。同氏は「(石油とガスが)必要不可欠なものである以上、地に足の着いた需要予測と投資を行うべきだ」と述べ、出席者から熱狂的な拍手を浴びた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内