中国政府が「頭金ゼロ」の自動車買い替えを奨励 個人消費拡大狙い、金融当局がローン基準緩和

✎ 1〜 ✎ 168 ✎ 169 ✎ 170 ✎ 最新
拡大
縮小
国有自動車メーカーの奇瑞汽車は中国政府の「以旧換新」キャンペーンに乗り、自動車取得税相当分を値引きするプロモーションを展開している(同社ウェブサイトより)

中国政府は4月3日、自家用車を所有する個人がクルマを買い替える場合に限り、頭金ゼロでも自動車ローンの提供を認める規制緩和を実施した。中国人民銀行(中央銀行)と国家金融監督管理総局が連名で、金融機関に対して自動車ローンの融資基準変更を通達した。

この措置は、中国政府が景気テコ入れのために推進する「以旧換新」(訳注:旧型製品の買い替え促進)キャンペーンの一環だ。通達によれば、自家用の新エネルギー車およびエンジン車(の新車)へのローン提供に関して、金融機関は借り手の信用状況や返済能力などに応じ、車両価格に対する貸付比率を(頭金ゼロを含めて)任意に設定できるようになった。

(訳注:新エネルギー車は中国独自の定義で、電気自動車[EV]、プラグインハイブリッド車[PHV]、燃料電池車[FCV]の3種類を指す。通常のハイブリッド車[HV]は含まれない)

貸付比率の上限を撤廃

中国人民銀行と中国銀行業監督管理委員会(現国家金融監督管理総局)の2017年の通達では、自家用の新車に対するローンの貸付比率を新エネルギー車は最高85%、エンジン車は同80%と定めていた。

今回の通達はこの上限を撤廃し、金融機関が独自に決められるようにすることで、ローンの貸付比率を最大100%に引き上げられるようにした。

自動車ローンの借り手の立場では、金融機関の審査で返済能力などに問題がないと判断されれば、以前は車両価格の最低15~20%を用意しなければならなかった頭金が不要になる。購入時の負担を軽減することで、自家用車オーナーの買い替え意欲を刺激するのが中国政府の狙いだ。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT