有料会員限定

ご当地 "ドラッグストア戦争" 実況リポート! 薬王堂、ゲンキー、クリエイト、コスモス…

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小

日本各地で戦い方はこんなに違う。

クスリのアオキの生鮮食品売り場
クスリのアオキは生鮮強化でライバルに対抗する(写真:クスリのアオキ)

特集「ドラッグストア動乱」の他の記事を読む

ドラッグストア業界でイオン主導の再編が動き出した。上位2社の経営統合は、業界地図を塗り替える呼び水となるか。『週刊東洋経済』4月20日号の第2特集は「ドラッグストア動乱」だ。
週刊東洋経済 2024年4/20号[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年4/20号[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

エリアごとに熾烈な陣取り合戦が続くドラッグストア業界。重要なのは「個店」の競争力だ。各地の攻防の様子を追った。

【北海道・東北】北海道の雄ツルハを追い込む薬王堂「東北の乱」

初めは小さな薬屋だった。ツルハホールディングス(HD)の歴史は1929年、北海道旭川での「鶴羽薬師堂」創業にさかのぼる。ドミナント出店を積極的に進め、現在は北海道で400店舗超を展開する。

「物流効率などを考えると北海道には進出しにくい」(競合他社)という難攻不落の地で、シェアを高めてきた。ツルハの北海道での営業利益率は2023年5月期に7.1%と高く、投資の原資を生み出している。

売り上げの奪い合い

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内