有料会員限定

売上2兆円「巨大ドラッグストア連合」誕生の余波 イオン主導で1位ウエルシアと2位ツルハが統合

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小

上位2社の経営統合は業界地図を塗り替える呼び水となるか。

ドラッグストア各社の店舗外観
(写真:編集部撮影)

特集「ドラッグストア動乱」の他の記事を読む

ドラッグストア業界でイオン主導の再編が動き出した。上位2社の経営統合は、業界地図を塗り替える呼び水となるか。『週刊東洋経済』4月20日号の第2特集は「ドラッグストア動乱」だ。
週刊東洋経済 2024年4/20号[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年4/20号[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

「イオンやすべての顧客、そして日本全体にとってもいいことをした」

アクティビスト(モノ言う株主)として知られる香港の投資ファンド、オアシス・マネジメントのセス・フィッシャー最高投資責任者は、ツルハホールディングス(HD)の株売却についてこう自賛した。

ついに北海道の雄がイオンの傘下に入る。イオン子会社でドラッグストア業界首位のウエルシアHDは2月28日、北海道地盤で2位のツルハと経営統合の協議を開始すると発表した。実現すれば、2兆円規模の巨大ドラッグ連合が誕生する。

ツルハはイオンの子会社、ウエルシアはツルハの子会社となる見通しで、2027年末までの合意を目指す。これに先立ち、イオンはオアシスからツルハ株約13.6%を約1023億円で取得。イオンの出資比率は約27.2%となり、ツルハはイオンの持ち分法適用会社となる。

オアシス登場で状況一変

「ツルハはいったいどうなるのか」と騒がれ始めたのが、昨年5月ごろ。オアシスは22年12月時点で約5%だったツルハに対する保有比率を、23年5月8日時点で12%超まで引き上げていた。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内