ソ連国営ラジオ、「鉄のカーテン」を越えた肉声 『MOCT 「ソ連」を伝えたモスクワ放送の日本人』書評

✎ 1〜 ✎ 94 ✎ 95 ✎ 96 ✎ 最新
拡大
縮小
MOCT(モスト) 『「ソ連」を伝えたモスクワ放送の日本人』青島 顕著
MOCT(モスト) 「ソ連」を伝えたモスクワ放送の日本人(青島 顕著/集英社/1980円/264ページ)
[著者プロフィル]青島 顕(あおしま・けん)/毎日新聞東京社会部記者。1966年生まれ。91年早稲田大学卒業、毎日新聞社入社。西部本社整理部、佐賀、福岡、内部監査室委員、社会部編集委員などを経て現職。共著書に『徹底検証 安倍政治』『記者のための裁判記録閲覧ハンドブック』。

ロシア語で橋を意味する「MOCT」。この言葉をタイトルとする本書は、ソ連の国営ラジオ局・モスクワ放送の日本向け放送に携わった人々の証言で構成される、取材の記録だ。当時、社会主義陣営を率いる超大国・ソ連から届けられた、日本人のアナウンスによる声。それは「架け橋」だったのか。それとも国策の宣伝か。冷戦下では、素直に渡るのが難しい橋だったことは言うまでもない。

物語は1970年代前半、長髪にジーンズでギターケースを抱えてモスクワ入りした25歳の青年が、ビートルズ「バック・イン・ザ・U.S.S.R」(ソ連に帰還)を番組内で流してしまう話から始まる。デタント(緊張緩和)の時代とはいえ、西側のロック音楽が御法度とされていたソ連にあっては、物議を醸しかねない危険な選曲だった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内