追い込まれる貧困層、「スラムで儲かる」家主たち 『家を失う人々』など書評3点

✎ 1〜 ✎ 434 ✎ 435 ✎ 436 ✎ 最新
拡大
縮小
ブックレビュー『今週の3冊』

 

[Book Review 今週のラインナップ]

・『家を失う人々 最貧困地区で生活した社会学者、1年余の記録』

・『副業おじさん 傷だらけの俺たちに明日はあるか』

・『パリの「敵性」日本人たち 脱出か抑留か 1940–1946』

『家を失う人々 最貧困地区で生活した社会学者、1年余の記録』マシュー・デスモンド 著
『家を失う人々 最貧困地区で生活した社会学者、1年余の記録』マシュー・デスモンド 著/栗木さつき 訳(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

評者・神戸大学教授 砂原庸介

米国の極貧層についての詳細なルポルタージュというと、興味は引かれるけれども自分とは関係がないと思う人が多いかもしれない。しかし、人生のよりどころとなる「家」をテーマとする本書の内容は、私たちにとって決してひとごとではない。

貸し手と借り手のバランスの不全 スラムに追いやられる貧困層

本書が描き出すのは、自分の家であった住宅からの「立ち退き」を強制される人々である。家賃の滞納などを理由に一度強制退去の対象になると、所有物の多くを放棄することを迫られ、通常の賃貸住宅への入居が難しくなる。その結果、スラムと呼ばれる劣悪な住宅に、高い家賃を払って身を寄せるしかない状況に追い込まれる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内