セレブ男性とアジア女性のカップルが増える背景 ハリウッド受賞式でパートナーへの愛を語る場面も

拡大
縮小
アリ・ウォン
ビル・ヘイダー(右)はアリ・ウォン(左)と放送映画批評家協会賞の授賞式に出席(CCA/Getty Images)

年が明けて、ハリウッドではアワードシーズン真っ盛りとなっている。セレブたちは同じ週に何度もレッドカーペットに立つのに大忙しだ。

カップル社会の欧米では、こういった場に配偶者や恋人を同伴するのが常。テレビカメラが回る中、受賞スピーチで愛する人を名指しして「アイラブユー」と言う場面をよく目にする。仕事上での成功の裏には、しばしば支えてくれる人の愛があるもの。晴れの場でそのことを認め、感謝の言葉を贈るのは、ポジティブなことなのだ。

デ・ニーロのパートナーはアジア系

今年もまたそんな場面が続々展開する中、ふと気づいたのは、大物セレブの男性とアジア系女性の新カップルが複数誕生していること。たとえば、ロバート・デ・ニーロ。『マイ・インターン』(2015)でデ・ニーロに太極拳を教えたインストラクター、ティファニー・チェンとの間で、昨年春に赤ちゃんが生まれ、交際の真剣度が明らかになった。2人はまだ交際について何も語らないままながら、今月のゴールデン・グローブ授賞式で、チェンは堂々とデ・ニーロの隣に座っていた。

最初の妻、2番目の妻も含め、デ・ニーロの過去の女性たちは軒並み黒人。アジア系と交際するのは、現在80歳の彼にとって初めてのことだ。全部で7人いる子供たちの中でも、アジア系とのハーフはチェンとの間に授かった娘のみである。

次に、最新作『The Holdovers』(2023)で主演男優部門の最有力候補のひとりと考えられているポール・ジアマッティ。1997年にユダヤ系の女性と結婚し、ひとり息子を授かったジアマッティは、ほとんど知られないうちに離婚しており、今月初めのパーム・スプリングス映画祭にはアジア系女優クララ・ウォンを同伴して出席した。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT