ドル円一時125円台後半、9月米利上げも

米雇用統計を受け、13年ぶりの円安に

 6月5日、午前のニューヨーク外国為替市場は、ドルが一時、円に対して約13年ぶりの高値水準をつけた。写真は1万円紙幣。都内で2013年2月撮影(2015年 ロイター/Shohei Miyano)

[ニューヨーク 5日 ロイター] - 5日午前のニューヨーク外国為替市場は、ドルが一時、円に対して約13年ぶりの高値水準をつけ、対ユーロでも急伸した。5月の米雇用統計で雇用の伸び加速が確認され、最短で9月に利上げが行われる可能性が強まった。

ドルがユーロや円、スイスフランに対し1%超上昇。ドル/円<JPY=>は一時、125.74円の高値をつけた。

直近でドル/円<JPY=EBS>が、1.02%高の125.635円。ユーロ/ドル<EUR=EBS>は1.11ドルを割り込み、1.25%安の1.10985ドル。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。