ドル円一時125円台後半、9月米利上げも

米雇用統計を受け、13年ぶりの円安に

 6月5日、午前のニューヨーク外国為替市場は、ドルが一時、円に対して約13年ぶりの高値水準をつけた。写真は1万円紙幣。都内で2013年2月撮影(2015年 ロイター/Shohei Miyano)

[ニューヨーク 5日 ロイター] - 5日午前のニューヨーク外国為替市場は、ドルが一時、円に対して約13年ぶりの高値水準をつけ、対ユーロでも急伸した。5月の米雇用統計で雇用の伸び加速が確認され、最短で9月に利上げが行われる可能性が強まった。

ドルがユーロや円、スイスフランに対し1%超上昇。ドル/円<JPY=>は一時、125.74円の高値をつけた。

直近でドル/円<JPY=EBS>が、1.02%高の125.635円。ユーロ/ドル<EUR=EBS>は1.11ドルを割り込み、1.25%安の1.10985ドル。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT