グローバル化とダイバーシティ&インクルージョンはソニーの企業価値--ソニー株式会社 藤田州孝業務執行役員EVP/第4回ダイバーシティ経営大賞従業員多様性部門賞受賞記念スピーチ

このたびは、従業員多様性部門賞をいただき、誠にありがとうございます。

ソニーの人材面でのグローバライゼーションや、女性活躍をはじめとしたダイバーシティは創業以来の長い積み重ねがあります。例を挙げますと、米法人では今から40年も前に現地の社員をトップに登用しました。日本人女性社員が初めて海外赴任をしたのは30年前です。こういったことは今でこそ当たり前に行われていますが、当時の日本企業では極めて珍しいことでした。当時のトップと経営陣のなしえたこれらの英断が、その後もソニーのグローバル化とダイバーシティを後押ししてきました。だからこそソニーはつねにグローバル化とダイバーシティ&インクルージョンの先駆者でありたいと思っています。実はそれこそがソニーの価値であり、カルチャーであり、使命と考えています。

ここ数年さまざまな施策を推進してきました。グローバルタレントマネジメントを支える仕組み作り、女性活躍推進・登用、ワークライフバランス推進、障がい者雇用推進、そして、グループの中でもグローバル化で後れをとっている日本のグローバル化の推進です。これらの施策を継続して、グローバル化とダイバーシティ&インクルージョンを定着させます。それは創業以来「企業感覚」として大事にしていたものを、制度、経営戦略と位置づけて推進していくことにほかなりません。

これは企業の競争力につながることでもあり、社員にとって働きがいのある会社になることでもあります。エグゼクティブから全社員までグローバル化とダイバーシティ&インクルージョンが浸透するように今後も活動を続けていきたいと思います。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。