グローバル化とダイバーシティ&インクルージョンはソニーの企業価値--ソニー株式会社 藤田州孝業務執行役員EVP/第4回ダイバーシティ経営大賞従業員多様性部門賞受賞記念スピーチ

このたびは、従業員多様性部門賞をいただき、誠にありがとうございます。

ソニーの人材面でのグローバライゼーションや、女性活躍をはじめとしたダイバーシティは創業以来の長い積み重ねがあります。例を挙げますと、米法人では今から40年も前に現地の社員をトップに登用しました。日本人女性社員が初めて海外赴任をしたのは30年前です。こういったことは今でこそ当たり前に行われていますが、当時の日本企業では極めて珍しいことでした。当時のトップと経営陣のなしえたこれらの英断が、その後もソニーのグローバル化とダイバーシティを後押ししてきました。だからこそソニーはつねにグローバル化とダイバーシティ&インクルージョンの先駆者でありたいと思っています。実はそれこそがソニーの価値であり、カルチャーであり、使命と考えています。

ここ数年さまざまな施策を推進してきました。グローバルタレントマネジメントを支える仕組み作り、女性活躍推進・登用、ワークライフバランス推進、障がい者雇用推進、そして、グループの中でもグローバル化で後れをとっている日本のグローバル化の推進です。これらの施策を継続して、グローバル化とダイバーシティ&インクルージョンを定着させます。それは創業以来「企業感覚」として大事にしていたものを、制度、経営戦略と位置づけて推進していくことにほかなりません。

これは企業の競争力につながることでもあり、社員にとって働きがいのある会社になることでもあります。エグゼクティブから全社員までグローバル化とダイバーシティ&インクルージョンが浸透するように今後も活動を続けていきたいと思います。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT