顧客満足で読む!日野のトラックが強い理由

なぜトップを独走するのか

顧客満足で読み解くと、日野の強さが見えてくる(撮影:尾形文繁)

輸送や建設になくてはならないトラック。普段は直接的にはかかわりがない方が多いかもしれないが、アマゾンでの書籍の購入や、生協での食材の配達まで、われわれの便利な日常生活は頑丈で高性能なトラックなくしては成り立たない。

そのトラック業界で高い顧客満足度を維持しているブランドがある。日野自動車だ。これはJ.D. パワーが毎年行っている、大型トラックと小型トラックの顧客満足度の調査データである。日野は大型では5年連続トップ、小型でも1~2位の位置を占めている。

画像を拡大
(過去5年間のブランド別総合満足度調査結果の変遷)

いったい何が顧客満足を左右するのか? 次のデータを見るとわかるが、大型トラック、小型トラックともにアフターサービスの構成比率が5割近くと高い数値になっている。

次ページなぜアフターサービスなのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT