顧客満足で読む!日野のトラックが強い理由

なぜトップを独走するのか

顧客満足で読み解くと、日野の強さが見えてくる(撮影:尾形文繁)

輸送や建設になくてはならないトラック。普段は直接的にはかかわりがない方が多いかもしれないが、アマゾンでの書籍の購入や、生協での食材の配達まで、われわれの便利な日常生活は頑丈で高性能なトラックなくしては成り立たない。

そのトラック業界で高い顧客満足度を維持しているブランドがある。日野自動車だ。これはJ.D. パワーが毎年行っている、大型トラックと小型トラックの顧客満足度の調査データである。日野は大型では5年連続トップ、小型でも1~2位の位置を占めている。

画像を拡大
(過去5年間のブランド別総合満足度調査結果の変遷)

いったい何が顧客満足を左右するのか? 次のデータを見るとわかるが、大型トラック、小型トラックともにアフターサービスの構成比率が5割近くと高い数値になっている。

次ページなぜアフターサービスなのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。