理論信仰からデータ分析へ、経済学に起きた革命 『データにのまれる経済学』『1973年に生まれて』など書評4冊

✎ 1〜 ✎ 417 ✎ 418 ✎ 419 ✎ 最新
拡大
縮小
ブックレビュー『今週の4冊』

 

[Book Review 今週のラインナップ]

・『データにのまれる経済学 薄れゆく理論信仰』

・『1973年に生まれて 団塊ジュニア世代の半世紀』

・『南海トラフ地震の真実』

・『ヒトラーの馬を奪還せよ 美術探偵、ナチ地下世界を往く』

『データにのまれる経済学 薄れゆく理論信仰』前田裕之 著
『データにのまれる経済学 薄れゆく理論信仰』前田裕之 著(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

評者・名古屋商科大学ビジネススクール教授 原田 泰

経済学が変化しているという。数式で彩られた経済理論に代わって、実験経済学や、計量経済学の新たな手法を活用したデータ分析が主流となっている。経済学者たちは、ランダム化比較試験(RCT)などの分析手法を手に入れ、革命を起こした。

新たな手法を活用したデータ分析「経済学の革命」はなぜ起こったのか

かつては理論が主流であり、データは理論が正しいかを確認するものだった。どう確認するかといえば、計量経済学である。

例えば、ローレンス・クラインが開発したマクロ計量モデルでは、財政政策や金融政策の効果を数量的に理解できるようになった。これは、公共事業を景気対策と捉えるケインズ理論によるモデルを実証し、かつ、政策効果を数量的に評価するものである。

次ページ『1973年に生まれて 団塊ジュニア世代の半世紀』
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内