Yelp身売り説、買収する会社はどこなのか

<動画>買収説が流れてから株価が急騰

ナレーションは英語です(音量にご注意ください)

消費者レビューサイトYelpが身売りしようとしているとの話が出てから2日にわたって、Yelpの株は上昇した。

Yelpの売却について、さまざまなうわさが拡がっている。

この消費者レビューサイトの株価は、木曜日には23%上昇、金曜日にはさらに上昇した。

この売却ストーリーを報じているウォール・ストリート・ジャーナルによれば、Yelpはおそらく35億ドル以上の価格での売却を目指しているとのことだ。

「Yelpにはいいユーザーが付いている」

マンハッタン・ベンチャー・パートナーズのチーフ・エコノミストであるマックス・ウォルフ氏は次のように言う。

「Yelpには膨大なアクセスがあります。1億5000万を超えるユニークユーザーがおり、ライフスタイルを生み出しています。また、ハイレベルのユーザーと結びついており、とくに都市部の富裕層の間で使用されています。都市部の若い富裕層に興味を持たれているのです」

 

Facebook、Yahoo、Microsoft、Appleをはじめ、Googleも買い手候補として名前が挙がっている。こうした会社は実際、Yelpが2012年に株式公開を行う前にも買収を試みていた。

Yelpのユーザー数の増加は減速している。Yelpはこれまで他の市場へサービスを拡大し多様化させてきた。例えばレストランの予約、イベントのマネジメント、支払いといったサービスだ。

同社には収益性の問題もある。今のところ、収益がほとんどないのだ。

「買い手にとってのマイナス面のリスクは、Yelpは収益を上げていないということです。この会社は、これまでも収益を上げるためにもがいています。ユーザー作成型のコンテンツを収益化することは大変難しいことなのです。TwitterやFacebookは、収益化に最も成功しているサービスでしょうが、Twitterでさえ苦労しています。Pinterestはどんどん伸びており、Snapchatは努力している最中といったところですが、やはり厳しいビジネスといえます」(ウォルフ氏)

株は今週の始めと比べて非常に高くなっているように見えるが、それでもピーク時の半分にも満たない株価である。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT