ゴーン事件の真相、圧倒的な取材で描き出す事実 『カリスマCEOから落ち武者になった男』など書評

✎ 1〜 ✎ 408 ✎ 409 ✎ 410 ✎ 最新
拡大
縮小
ブックレビュー『今週の4冊』

 

[Book Review 今週のラインナップ]

・『カリスマCEOから落ち武者になった男 カルロス・ゴーン事件の真相』

・『アメリカは内戦に向かうのか』

・『第一次世界大戦と日本参戦 揺らぐ日英同盟と日独の攻防(歴史文化ライブラリー 572)』

・『ブックオフから考える 「なんとなく」から生まれた文化のインフラ』

『カリスマCEOから落ち武者になった男 カルロス・ゴーン事件の真相』ニック・コストフ、ショーン・マクレイン 著
『カリスマCEOから落ち武者になった男 カルロス・ゴーン事件の真相』ニック・コストフ、ショーン・マクレイン 著/長尾莉紗、黒河杏奈 訳(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

評者・本誌コラムニスト 山田雄大

読者の関心は、カルロス・ゴーンが本当に犯罪者なのか、それとも陰謀の犠牲者なのか、ということだろう。だが、著者らは明確に言い切ることをしない。その代わり、膨大な取材と先達の資料を含めた詳細な調査に基づく「事実」を積み重ねていく。

ゴーン事件とは何だったのか 圧倒的な取材で描き出す事実

レバノン、ブラジル、フランスの国籍を持つ野心家が、いかにして日産自動車の救世主となったか。そして、日仏自動車大手のアライアンスを率いるカリスマCEOの実態と、どのように刑事被告人となり、さらに国際手配の逃亡者となったか──。

とりわけ、権力を握ったゴーンが傲慢になっていく過程を克明に描き出す。ゴーンや取り巻きが“そのままでは違法性の高い取引”を“合法(違法とまではいえない)”とするよう工夫をこらす様子も容赦なく暴き立てる。一方、ゴーンを裏切った日産幹部の保身も見逃さない。日本の司法の現状や問題点も冷静に描写している。

次ページ『アメリカは内戦に向かうのか』
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内