漱石門下からA級戦犯容疑者に、その波乱の生涯 『池崎忠孝の明暗』など書評4冊

✎ 1〜 ✎ 407 ✎ 408 ✎ 409 ✎ 最新
拡大
縮小
今週の4冊

 

[Book Review 今週のラインナップ]

・『池崎忠孝の明暗 教養主義者の大衆政治(近代日本メディア議員列伝 6)』

・『市川房枝、そこから続く「長い列」 参政権からジェンダー平等まで』

・『つなぐ 100年企業5代目社長の葛藤と挑戦』

・『古本屋は奇談蒐集家』

『池崎忠孝の明暗 教養主義者の大衆政治(近代日本メディア議員列伝 6)』佐藤卓己 著
『池崎忠孝の明暗 教養主義者の大衆政治(近代日本メディア議員列伝 6)』佐藤卓己 著(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

評者・関西大学客員教授 会田弘継

劇的な人生だ。夏目漱石門下の文人から政論記者、メリヤス業者、軍事評論家を経て帝国議会議員となるが、戦後A級戦犯容疑で収監、釈放され58歳で逝った。「メディア議員」というキーワードを軸に描かれる生涯は、個人の一代記を超える「近代日本の精神史」だ。評伝文学としても傑作と言ってよい。

漱石門下からA級戦犯容疑者に 「メディアの論理」で波乱の生涯

赤木忠孝(ただよし)として1891年岡山県に生まれた。三菱財閥に訴訟で挑んだ鉱山起業家の父は、忠孝の旧制中学時代に莫大な負債を抱えて敗訴、一家離散となる。支援者を得て旧制六高に進んだが、その支援者も事業失敗で自殺。大阪のメリヤス業者の養子となり、池崎姓を得た。序盤から波乱の多い人生である。

六高時代に児童文学者・鈴木三重吉から文才を認められ、その紹介で漱石門下となる。赤木桁平(こうへい)の筆名で新聞に発表した論文「『遊蕩文学』の撲滅」(1916年)が文壇に一大旋風を巻き起こした。

次ページ『市川房枝、そこから続く「長い列」』
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内