モデルナが新型コロナワクチンを独力開発した訳 『モデルナ』など書評4冊

✎ 1〜 ✎ 406 ✎ 407 ✎ 408 ✎ 最新
拡大
縮小
ブックレビュー『今週の4冊』

 

[Book Review 今週のラインナップ]

・『モデルナ 万年赤字企業が、世界を変えるまで』

・『アンビシャス 北海道にボールパークを創った男たち』

・『世界資源エネルギー入門 主要国の基本戦略と未来地図』

・『K-POP現代史 韓国大衆音楽の誕生からBTSまで』

『モデルナ 万年赤字企業が、世界を変えるまで』ピーター・ロフタス 著
『モデルナ 万年赤字企業が、世界を変えるまで』ピーター・ロフタス 著/柴田さとみ 訳(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

評者・サイエンスライター 佐藤健太郎

コロナ禍で最も躍進を遂げた企業といえば、新型コロナワクチンの開発に成功した独ビオンテック、米モデルナの名が真っ先に挙がるだろう。コロナ禍前には、製品を1つも創り出したことのない、ほぼ無名のバイオベンチャーであった両社は、2022年には約180億ドルを売り上げ、世界の製薬企業ランキングトップ20に名を連ねた。

ビオンテックは業界の雄である米ファイザーと組むことでこの成功を手にした。一方、モデルナは独力で、多くの巨大企業が失敗したコロナワクチン創出を成し遂げた。この快挙がいかに果たされたのか、多くの関係者へのインタビューから、その秘密に迫る。

大手企業との提携はデメリット 独力での開発にこだわった

モデルナのワクチンは、mRNAワクチンと呼ばれるタイプのものだ。タンパク質の設計図であるmRNAを体内に送り込み、自在に望みのタンパク質を作らせるという画期的な手法だが、これまで実用化されていなかった。ただ、コロナ禍に合わせ急ごしらえで生み出されたものではない。そこには、10年以上にわたる研究の積み重ねがあった。

次ページ『アンビシャス 北海道にボールパークを創った男たち』
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内