東芝がバッテリー内蔵テレビを7月発売、夏の電力危機に対応

東芝がバッテリー内蔵テレビを7月発売、夏の電力危機に対応

東芝は夏の電力不足をにらみ、バッテリーを内蔵した節電タイプのテレビ「ピークシフト機能搭載レグザ」(=写真=)を7月に発売する。通常のAC電源を使わず、バッテリー電源だけで最長3時間のテレビ視聴が可能だ。

電力供給に余裕がある深夜などにバッテリーを充電、電力使用がピークを迎える日中にバッテリー電源へと切り替えることで、ピーク時間帯の電力使用量を減らすことができる。

東芝は昨年末、電力事情が不安定な新興国向けにバッテリー内蔵の「パワーテレビ」を世界で初めて商品化。今回の国内向け節電モデルにも、この技術を流用することで、地震からわずか数カ月での市場投入につなげる。新興国向けモデルを強化してきた同社の商品戦略が、はからずも功を奏した格好だ。

(長谷川 高宏 =東洋経済オンライン)


《東洋経済・最新業績予想》
(百万円)    売 上  営業利益 経常利益  当期利益
◎本2010.03  6,381,599 117,191 24,962 -19,743
◎本2011.03予 6,400,000 240,000 195,000 135,000
◎本2012.03予 6,900,000 310,000 250,000 140,000
◎中2010.09  3,081,141 104,813 68,710 27,816
◎中2011.09予 3,200,000 130,000 80,000 40,000
-----------------------------------------------------------
         1株益¥ 1株配¥
◎本2010.03  -4.9 0 
◎本2011.03予 31.9 5 
◎本2012.03予 33.1 5-6 
◎中2010.09  6.6 2 
◎中2011.09予 9.4 2-3 
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?