有料会員限定

「ポストリベラル」の過激な改革論に揺れる米国 代表的論客が示す政治体制のつくり替えとは

✎ 1〜 ✎ 273 ✎ 274 ✎ 275 ✎ 最新
拡大
縮小
デモで口論する人々
経済格差や政治分断の原因は、リベラリズムの失敗にあるとデニーンは断じる(写真:Lynsey Weatherspoon/特派員)

トランプ現象があらわにしたのは米国政治の思想的混迷だ。とくに保守派の間では、「ニューライト(新右派)」運動が起きた。この運動は、小さな政府と強硬な対外政策を柱としてきた「レーガン主義」と呼ばれる従来の主流派保守思想を否定する。運動にはいくつかの思潮が流れ込み、中でも先鋭的なのは「ポストリベラル」と呼ばれる思想だ。

トランプ大統領の登場以降、保守派の思想動向を示す最も重要な本として多くの論客が挙げるのは、『リベラリズムはなぜ失敗したのか』(原著2018年)である。著者のノートルダム大学教授パトリック・デニーンはポストリベラルの代表的論者だ。そのデニーンが米国政治に革命的転換を呼びかける新著『レジーム・チェンジ(体制転換)』が6月に発刊され、大きな波紋を広げている。

政治制度の転換を具体的に提言

同書をめぐる論議は保守系論壇誌やオピニオンサイトにとどまらず、伝統的な外交専門誌『フォーリン・アフェアーズ』や進歩派論壇にも広がっている。大部分はデニーンの主張に反発するものだが、そのことがかえって衝撃の大きさを示しているといえよう。

次ページ『レジーム・チェンジ』ではさらに議論を進め
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内