東日本大震災後でも超強気 セブン、イオンの胸算用

もちろん、震災の影響をすべて無視できるわけではない。セブン&アイは震災関連の特別損失が260億円発生する。それでも赤字に転落するわけではなく、阪神・淡路大震災時に500億円規模の損失を計上し、最終赤字に転落したダイエーに比べれば、損失額は小さい。

今後の不安は、夏の電力不足だろう。GMSは空調や照明を抑え、食品以外の売り場を部分休業するなどの対策を検討。コンビニも冷凍・冷蔵を使う売り場を縮小したり保冷処理を施したりして、営業を続ける構えだ。

消費マインドの見方はさまざまだが、コンビニ、GMS大手は既存店売上高が軒並み前年を上回ると予想する。過度な自粛による消費不況もささやかれる中、最後まで強気でいられるかどうか。

◆セブン&アイ・ホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

 

◆イオンの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

 

(週刊東洋経済2011年4月23日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT