ドコモとKDDI、SIMロックを無料で解除へ

購入後半年経てばネットで無料受け付け

 4月22日、NTTドコモとKDDI(au)は、5月1日以降に発売する携帯電話端末について、購入日から半年が経過すれば、自社以外で端末を使えないように制限をかける「SIMロック」をインターネット受付の場合は無料で解除する発表した。2月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 22日 ロイター] - NTTドコモ<9437.T>とKDDI(au)<9433.T>は22日、5月1日以降に発売する携帯電話端末について、購入日から半年が経過すれば、自社以外で端末を使えないように制限をかける「SIMロック」をインターネット受付の場合は無料で解除する発表した。ショップでは3000円(税抜)で受け付ける。

総務省が昨年12月に改正した「SIMロック解除に関するガイドライン」を踏まえた措置で、ソフトバンク<9984.T>も同様に対応する予定。

SIMロックが解除されれば、利用者は通信サービスや端末を自由に組み合わせて利用できるようになるため、競争による料金引き下げ効果などが期待されている。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT