ドコモとKDDI、SIMロックを無料で解除へ

購入後半年経てばネットで無料受け付け

 4月22日、NTTドコモとKDDI(au)は、5月1日以降に発売する携帯電話端末について、購入日から半年が経過すれば、自社以外で端末を使えないように制限をかける「SIMロック」をインターネット受付の場合は無料で解除する発表した。2月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 22日 ロイター] - NTTドコモ<9437.T>とKDDI(au)<9433.T>は22日、5月1日以降に発売する携帯電話端末について、購入日から半年が経過すれば、自社以外で端末を使えないように制限をかける「SIMロック」をインターネット受付の場合は無料で解除する発表した。ショップでは3000円(税抜)で受け付ける。

総務省が昨年12月に改正した「SIMロック解除に関するガイドライン」を踏まえた措置で、ソフトバンク<9984.T>も同様に対応する予定。

SIMロックが解除されれば、利用者は通信サービスや端末を自由に組み合わせて利用できるようになるため、競争による料金引き下げ効果などが期待されている。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT