ドコモとKDDI、SIMロックを無料で解除へ

購入後半年経てばネットで無料受け付け

 4月22日、NTTドコモとKDDI(au)は、5月1日以降に発売する携帯電話端末について、購入日から半年が経過すれば、自社以外で端末を使えないように制限をかける「SIMロック」をインターネット受付の場合は無料で解除する発表した。2月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 22日 ロイター] - NTTドコモ<9437.T>とKDDI(au)<9433.T>は22日、5月1日以降に発売する携帯電話端末について、購入日から半年が経過すれば、自社以外で端末を使えないように制限をかける「SIMロック」をインターネット受付の場合は無料で解除する発表した。ショップでは3000円(税抜)で受け付ける。

総務省が昨年12月に改正した「SIMロック解除に関するガイドライン」を踏まえた措置で、ソフトバンク<9984.T>も同様に対応する予定。

SIMロックが解除されれば、利用者は通信サービスや端末を自由に組み合わせて利用できるようになるため、競争による料金引き下げ効果などが期待されている。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。