ドコモとKDDI、SIMロックを無料で解除へ

購入後半年経てばネットで無料受け付け

 4月22日、NTTドコモとKDDI(au)は、5月1日以降に発売する携帯電話端末について、購入日から半年が経過すれば、自社以外で端末を使えないように制限をかける「SIMロック」をインターネット受付の場合は無料で解除する発表した。2月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 22日 ロイター] - NTTドコモ<9437.T>とKDDI(au)<9433.T>は22日、5月1日以降に発売する携帯電話端末について、購入日から半年が経過すれば、自社以外で端末を使えないように制限をかける「SIMロック」をインターネット受付の場合は無料で解除する発表した。ショップでは3000円(税抜)で受け付ける。

総務省が昨年12月に改正した「SIMロック解除に関するガイドライン」を踏まえた措置で、ソフトバンク<9984.T>も同様に対応する予定。

SIMロックが解除されれば、利用者は通信サービスや端末を自由に組み合わせて利用できるようになるため、競争による料金引き下げ効果などが期待されている。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT