ドコモとKDDI、SIMロックを無料で解除へ

購入後半年経てばネットで無料受け付け

 4月22日、NTTドコモとKDDI(au)は、5月1日以降に発売する携帯電話端末について、購入日から半年が経過すれば、自社以外で端末を使えないように制限をかける「SIMロック」をインターネット受付の場合は無料で解除する発表した。2月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 22日 ロイター] - NTTドコモ<9437.T>とKDDI(au)<9433.T>は22日、5月1日以降に発売する携帯電話端末について、購入日から半年が経過すれば、自社以外で端末を使えないように制限をかける「SIMロック」をインターネット受付の場合は無料で解除する発表した。ショップでは3000円(税抜)で受け付ける。

総務省が昨年12月に改正した「SIMロック解除に関するガイドライン」を踏まえた措置で、ソフトバンク<9984.T>も同様に対応する予定。

SIMロックが解除されれば、利用者は通信サービスや端末を自由に組み合わせて利用できるようになるため、競争による料金引き下げ効果などが期待されている。

 

(志田義寧)

人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。