アステラス製造子会社のうち1社が全面的に操業再開。もう一社はなお操業停止中【震災関連速報】

アステラス製造子会社のうち1社が全面的に操業再開。もう一社はなお操業停止中【震災関連速報】

アステラス製薬によれば、4月6日付けで子会社アステラスファーマテック(旧アステラス東海)西根工場(岩手県八幡平市)が全面的に操業を再開した。同工場では、排尿障害改善薬ハルナールや脂質異常症治療薬リピトール、高血圧症治療薬ペルジピンなどの製品の製剤、包装を行っている。

その一方で、ハルナールや精神安定剤エミレースなどの原薬を製造する子会社アステラスファーマケミカルズの高萩工場(茨城県高萩市)は、依然として操業停止中。アステラス製薬によれば、「建物の損壊はないものの、電力の供給が十分でないため、機械類がきちんと作動するかどうかの調査が十分にできない状態が続いている」(広報部)という。ただ、「ハルナールなどはメーカーおよび流通在庫が十分にあるうえ、原薬の製造拠点はほかにもあるため、長期的な供給問題は生じない」(同)としている。

(岡田 広行 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。