ナチスが構想した、北欧占領地の大規模都市改造 『ナチスの北欧幻想』など書評4冊

✎ 1〜 ✎ 395 ✎ 396 ✎ 397 ✎ 最新
拡大
縮小
ブックレビュー『今週の4冊』

 

[Book Review 今週のラインナップ]

・『ナチスの北欧幻想 知られざるもう一つの第三帝国都市』

・『人新世の経済思想史 生・自然・環境をめぐるポリティカル・エコノミー』

・『なぜ君は、科学的に考えられないんだ? 変人研究者が教えてくれた最強の科学的思考法』

・『江戸のキャリアウーマン 奥女中の仕事・出世・老後』

『ナチスの北欧幻想 知られざるもう一つの第三帝国都市』デスピナ・ストラティガコス 著
『ナチスの北欧幻想 知られざるもう一つの第三帝国都市』デスピナ・ストラティガコス 著/川岸 史 訳(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

評者・東京都立大学准教授 佐藤 信

ナチス・ドイツが巨大な建築や都市計画、儀式の威容によって自らの統治を正当化しようとしたことは、日本でもよく知られている。建築史家協会スピロ・コストフ賞を受賞した本書は、ナチスが占領地・ノルウェーで大規模な構想を羽ばたかせていたことを明らかにする。

ヒトラー自身も関与した計画 他者の地に自らの幻想を投影

1940年から始まったナチス・ドイツの占領において、破壊された街の再建を急ぐノルウェー人に対し、ナチスは自らの下での「戦後」を見据えて新たな空間秩序を作り出そうと画策した。5年も占領しながら計画の多くは実現しなかったが、それはナチスが関心を持たなかったからではなく、本腰を入れてじっくり取り組んだからだという。

なかには首都オスロをしのぐ巨大新都市の計画さえ存在した。残念ながら、全貌を示す図面などは見つかっていないが、本書はヒトラー自身も関与した計画過程を丹念に辿(たど)る。加えて、ドイツから北極にまで通じる高速道路計画。町々に駐屯するドイツ兵のための巨大な駐屯施設。破壊された都市の大規模な改造計画。いずれでも、ナチスはノルウェーに理想を、幻想を、押し付けようとした。

次ページ『人新世の経済思想史』
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内