イーロン・マスクら警告「チャットボットの危険性」 ChatGPTなどの開発競争に警鐘ならす書簡

拡大
縮小
イーロン・マスク氏らがChatGPTなどチャットボットの開発競争が過熱していることに警鐘を鳴らした(写真:Marlena Sloss/Bloomberg)

イーロン・マスク氏を含む1000人以上のテクノロジーリーダーと研究者が、人工知能(AI)の研究所に最先端のシステムの開発を一時停止するよう促し、AIツールが「社会と人類に深刻なリスク」をもたらすと公開書簡で警告した。

非営利団体「フューチャー・オブ・ライフ・インスティテュート」が水曜3月29日に発表した書簡によると、AI開発者は「開発者を含む誰もが、理解、予測、しっかりとしたコントロールができないほどの、これまで以上に強力なデジタルマインドを開発および展開するために、制御不能な競争に囚われてしまっている」。

アップル共同創設者らも書名

書簡に署名した人の中には、アップルの共同創設者スティーブ・ウォズニアック氏、起業家であり2020年のアメリカ大統領選挙候補者アンドリュー・ヤン氏、終末時計を設置しているBulletin of the Atomic Scientists社長レイチェル・ブロンソン氏が含まれている。

「私たちの世界を形作っているのは、こうしたものだ」と、AIシステムの欠陥について長い間不満を抱いてきた起業家で学者のゲイリー・マーカス氏はインタビューでこう語った。「企業の無責任、広範囲への浸透、規制の欠如、そして膨大な数の未確認事項といった最悪の事態を私たちは抱え込んでいる」。

AIは、ChatGPT(チャットGPT)、マイクロソフトのBing(ビング)、グーグルのBard(バード)などのチャットボットに力を与えている。これらチャットボットは、人間のような会話や、限りなく多様な話題に関する文章の作成、コンピューターコードの記述などのより複雑なタスクを行える。

次ページ誤った情報を広めてしまう危険性
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT