アシックス、東京五輪スポンサー契約の勝算 

大金を投じた費用対効果はいかに?

卓球の石川選手も記者会見に駆けつけた

尾山社長は今からこう語る。「この投資が日本のブランドイメージを変える起爆剤になる。目立つのはウエアなので、ウエア改革に使える」。

ゴールドパートナー契約の業績への影響について、SMBC日興證券の岡芹弘幸シニアアナリストは「中長期的にはプラスに働く」とみる。費用についても、「次の中計では、売上高・利益の拡大戦略をとっていくはず。それほど無理しなくても吸収できるくらいの金額では」と推測する。実際、アシックスは売上高広告宣伝費比率を、2012年3月期は7.7%、2013年3月期は8%と年々増やしており、今期は8.6%の計画。そろそろ゙攻め゙の姿勢に転じることを匂わせる。

尾山社長も「この契約が全世界に流れれば、コンペティター(競合他社)が何らかの反応をする。それ自体がマーケティング効果」と余裕たっぷりだ。 

「2016年のリオ五輪、2020年の東京五輪で金メダルを目指します」。契約会見に同席した卓球の石川佳純選手が話すように、五輪で日本選手団が活躍を見せれば、アシックスの目論み通り、日本、アパレルという弱点を強化する、起爆剤にもなり得るだろう。そうすれば、世界3位の座をガッチリと掴み続けることも、夢ではないかもしれない。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。