朝活は、パワーランチより「楽メシ」!

仕事の成果より「ギョーザの流儀」

8人で15人前のギョーザとおかずを食し、ひとり1500円で終了。山口さん(右)は「皆さん、お疲れさまでギョザいました」
かつて、ビジネスパーソンの「食」は取引の手段だった。だが今は、しがらみから解放する「癒やしのツール」になっている。

みんなでギョーザを食べ、眠くなったら帰る。なんとも原始的……いや、楽しそうな集まりが、ITの街・渋谷で行われている。ネットで呼びかけて、ふらっと「餃子の王将」に行く会。開催は月1~2回で、有志の集いだ。今回も、ITベンチャーのコンサルティングを行う山口豪志さん(31)がSNSで告知すると、開催2週間前には最大参加人数の8人が埋まった。

参加者の多くはITベンチャーの経営者やエンジニア。主に20代から30代で、参加者同士は「はじめまして」のケースもある。食事の場では、

「あの会社、社長が代わったみたいよ」

「いま、こんなサービス作っているんですよ」

と、同業者ならではの会話が飛び交うが、商談が始まったりすることは決してないという。

脱「パワーバランス」

今、ビジネスパーソンの「食」に変化の兆しが見える。「朝活」では朝食をとりながらビジネススキルを学び、ランチタイムに人脈作りをする「パワーランチ」ブームもあった。でも昨今の忙しいビジネスパーソンにとって、食はむしろリフレッシュの感覚。まさに「楽メシ」なのだ。

先のギョーザの会も、大切にするのは、「ビジネスの成果」ではなく「ギョーザの流儀」だ。

ギョーザは、注文のたびに焼き方やタレを変え、アクセントをつける。焼き方は、薄焼き、普通焼き、よく焼き、両面焼きの4種類。山口さんはパリっと焼き上がる「よく焼き」を好むが、同席した男性は「薄焼き」のソフトな食感が好み。なんでも彼は、ギョーザの「のどごし」を重視しており、焼き面の柔らかさにこだわっているという。

しかしなぜ、ギョーザなのか。

次ページなぜギョーザ?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。